日々思ったことや、まだまとまっていないことを書き留めておきます。 文章が乱れ気味ですがブログということでご勘弁ください。
by medbb
MedBB.netメインページへ


MedBB on Twitterへ
(別ウインドウで開きます)
カテゴリ
全体
私的なニュース
医学・医療系
情報系
世の中の出来事
文章
見た聞いた
未分類
その他のジャンル
twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「就職」に逃げるな
 今まで授業に真剣に取り組んでいた学生が、急に休みがちになり顔を見てもなんとなくどんよりしている。
何かと聞くと、私は就職をすれば目的が達成できるので、単位は欲しいが勉強はしたくない。ともかく卒業して働きたい。

一心不乱に勉強すれば資格も取れるようサポートしているのだが、目標としていた医療の世界へ羽ばたけるのに見失った模様。もったいない。

こういうときに私は以下の話をしています。
1.「学生」という立場は、一般社会の中で「社会人」とは異なるものでその恩恵をうけていることを再認識してください
2.学生が自由に出来るのは、周囲がその存在を認めてくれるから。そこに甘えていないか振り返ること
3.既にあなたが学生でありながら、アルバイトなどで「社会人」のような気分になっていて、「すでに社会人なのに大学に籍を置いている」「故に学生として勉強したくない」「しかし卒業したい」という感覚であれば「社会人」らしく大学を卒業してください。以下のことは最低限守る必要があるでしょう。
4.授業に遅刻しない・・・社会人としては当然のこと
5.授業を休まない・・・社会人としては当然のこと。
6.授業中はノートを取る・・・社会人は打ち合わせのとき、必要なメモを取ります。
7.授業の内容を理解する・・・社会人は打ち合わせの内容を把握します
8.授業中は発言する・・・社会人は会議中疑問や自分の意見を発言します。発言を求められたときは内容に関連した発言をします
9.授業中は寝ない・・・社会人は打ち合わせや会議のとき寝ません
10.期末試験は点をとる・・・社会人にはノルマやら評価がつきまといます。評価されるように点をとってください
11.他の学生に悪影響を与えないよう、社会人としてのプライドを持ち授業に臨むこと。

社会性を発揮して乗り切ろうとしている学生に出会いますが、上記4以降のことが出来ていない例がほとんどなんですよね。

悲しいのが、そのような温室栽培の「自称社会人」は、社会そのものが温室だと思っているフシがあります。
私自身も振り返ると、大昔に就職する時温室感覚で社会に出て大変な目にあいました。

ただ、私が救われたのは曲がりなりにも「学生」として学校を卒業したことなのだろうと思っています。
だから、社会というものはどういうものかわかっていないということを認識していました。
故に壁にぶち当たりながらでもなんとかなったのだと思います。

タイトルが「就職」に逃げるな となっています。機が熟したから「就職」というのが本来の姿。件の学生は「就職」という楽園に「大学」という地獄から逃げ出すという感覚なのだと思います。
そういう方は就職後、そこを地獄に感じることでしょう。
おかれた状況の中で自分が何をすべきなのか?わかってないわけですから

学生さんは「大学生活」という楽園で自分を熟して、「就職」に突き進んでください。
[PR]
by medbb | 2012-02-28 12:40 | 文章
<< じわじわと時は流れるが流される... 後悔のススメ >>