日々思ったことや、まだまとまっていないことを書き留めておきます。 文章が乱れ気味ですがブログということでご勘弁ください。
by medbb
MedBB.netメインページへ


MedBB on Twitterへ
(別ウインドウで開きます)
カテゴリ
全体
私的なニュース
医学・医療系
情報系
世の中の出来事
文章
見た聞いた
未分類
その他のジャンル
twitter
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:文章( 4 )
弱いこともいいことだ(御卒業おめでとうございます)
 無事卒業証書をもらわれ、皆さんほっとしていることでしょう。お疲れ様でした。先程まで私も卒業式に出ておりましたが、成長したなぁと感心するばかりでした。

 さて、皆様はこれから大学を離れ新しい世界に飛び込んでいくわけですが、なにが必要だと思います?
絆って言葉、よく使われます。
たとえばその関係が強すぎるとどうなりますか?例えば家族になってしまうようなものでしょうか。
ともかく、社会とは違う世界に入ってしまいます

 かの、グラノヴェターは弱いつながりが幸福をもたらすといいました。
教員と学生は熱心であればあるほど強いつながりを持ちます。熱心に学修されてた皆さんは教員と強い信頼関係を築いていたのではないでしょうか。
無論本学のような少人数制で面倒見が良いといわれている大学では、学生全員がそう思っているはず。
みなさんそうですよね。

 そうなると、教員が学生に幸福をもたらすなんてありえないということになります。
振り返ってみると、わたしなんぞ幸福を運び届ける天使とは程遠い存在でした。
私はなんとかしてみなさんの学修環境を整備しようと奮闘していたわけですが、「難しいこといわずに単位くれたらいいのになー」なんて感じで悪魔のような存在だったことでしょう。


 弱いつながりの構築の流れとして、強いつながりだったものが弱くなっていくものがあります。
年賀状をやり取りするだけの関係が、私は多くなりました。年に一回思い出す程度のよわーい繋がりです。
でも、その弱いつながりは簡単に途切れることはありません。
なぜなら、会社員として、または学生として非常に強い信頼関係を築いてきましたから。
もっとも私の場合は、相互の信頼関係というより、一方的に迷惑をかけて構築した関係なのですがね。

 弱いつながりってさすがだなぁ。何かの拍子で連絡とると自分とは全く違う世界を見ていますから。
人生のヒントや仕事のヒントなどたくさんの幸福をもたらしてくれます。

 これから皆さんは、ここにいる教職員やともに学んだ学友とのつながりがこれから弱くなっていきます。
その中でも、強い信頼関係が気づいて築かれている人とは末永く弱いつながりをもっていくことでしょう。

 そこのあなた、まだ強いつながりをつくれていない学友いませんか?
ラッキーなことに、今はパーティーの場。勇気を持ってあまり話したことのない学友つかまえて、
あれやこれや思う存分一緒に楽しんで強いつながりをつくってください。
そのためのパーティーなのですから。

 教職員に対して強いつながりつくれなかったかなーと思っているあなた。あなたはその教職員と強いつながりを持っているんだと一念したらそれでOK
私達教職員は、そのような気持ちであなた方と接してきましたから。
末永く弱いつながり築いていきましょ。

 これからも、さまざまな人々と出会っていくことと思いますがその全てが自分の糧になるように良い関係になるよう頑張ってください。

御卒業おめでとうございます。
[PR]
by medbb | 2013-03-16 12:00 | 文章
じわじわと時は流れるが流されるな(御卒業おめでとうございます)
以下の文は、2011年度の本学の卒業記念パーティーに欠席するのですが、その時誰かが読んでくれる卒業生向けのメッセージです。
-----
あっという間の4年間。短期大学部の方は2年間。そして本学が大好きな方々は少し多めな期間、本学での学生生活を満喫されたことと思います。

学生生活って良かったでしょ。卒業式が無事終わってしまって、じわじわとそんな気分になっていると思います。幸せですよね。

時は皆平等に流れていきます。そして過去を振り返ったとき何が流されていないのか?遠赤外線で暖められた体のように、じわじわっとしたものが残っていきます。例えば学園祭などのイベント、設営したりお店出したり体の芯からエンジョイした人はじわじわっとしたものが残るでしょう。先生にしかられた思い出や友人とけんかした思い出などは、その日の気分など表層的な部分は流され、そこで得られたこと、すなわち芯の部分だけが残ることでしょう。

卒業式ってのは、じわじわと「良かったな」という気分を味わい、芯の部分の大切さを学ぶセレモニーだと思っています。学生生活の中で多くを学んだ太い芯をお持ちのアナタは、むっちゃじわじわきていることでしょう。細い芯の方もそれなりにじわじわ・・・ですよね。

さてここから先、卒業生の皆さんが乗っているジェットコースターは急加速を始めます。今まではゆっくり走っていたので芯を太くすることは簡単だったのですが、これからはそうもいきません。気をつけないと振り落とされます。だから社会人は皆「学生の頃はよかった」と言うんですよ。いくらでも芯を太くすることの出来る時間と若さと何かがあったから。

学生時代に太い芯を作れなかったアナタも安心してください。
今日の卒業式で皆さんは、芯というのは時が流れても流されない素敵で大切なものであることを知りました。そしてジェットコースターがもうすぐものすごい勢いで走り始めることも知っています。

ジェットコースターは最初怖いと思いますが、慣れると楽しくなりますよね。楽しめるようになると上手く自分の時間が作れるようになります。無論学生時代の時と違って、短く制約もあります。でも、社会経験との相乗効果で、芯をものすごく太くすることが出来ます。そしてその芯の真ん中はこの学生生活の時に作られたものです。それがどれだけ細かったとしてもマグマのようにじわじわと輝き続けるでしょう。

今日卒業生の皆さんが感じているこのじわじわ感はこのマグマの部分だったのですよね。いつの日か同窓会で旧友と再会した瞬間に蘇ることでしょう。そんな幸せな人生を歩んでください。御卒業おめでとうございます。
[PR]
by medbb | 2012-03-17 12:00 | 文章
「就職」に逃げるな
 今まで授業に真剣に取り組んでいた学生が、急に休みがちになり顔を見てもなんとなくどんよりしている。
何かと聞くと、私は就職をすれば目的が達成できるので、単位は欲しいが勉強はしたくない。ともかく卒業して働きたい。

一心不乱に勉強すれば資格も取れるようサポートしているのだが、目標としていた医療の世界へ羽ばたけるのに見失った模様。もったいない。

こういうときに私は以下の話をしています。
1.「学生」という立場は、一般社会の中で「社会人」とは異なるものでその恩恵をうけていることを再認識してください
2.学生が自由に出来るのは、周囲がその存在を認めてくれるから。そこに甘えていないか振り返ること
3.既にあなたが学生でありながら、アルバイトなどで「社会人」のような気分になっていて、「すでに社会人なのに大学に籍を置いている」「故に学生として勉強したくない」「しかし卒業したい」という感覚であれば「社会人」らしく大学を卒業してください。以下のことは最低限守る必要があるでしょう。
4.授業に遅刻しない・・・社会人としては当然のこと
5.授業を休まない・・・社会人としては当然のこと。
6.授業中はノートを取る・・・社会人は打ち合わせのとき、必要なメモを取ります。
7.授業の内容を理解する・・・社会人は打ち合わせの内容を把握します
8.授業中は発言する・・・社会人は会議中疑問や自分の意見を発言します。発言を求められたときは内容に関連した発言をします
9.授業中は寝ない・・・社会人は打ち合わせや会議のとき寝ません
10.期末試験は点をとる・・・社会人にはノルマやら評価がつきまといます。評価されるように点をとってください
11.他の学生に悪影響を与えないよう、社会人としてのプライドを持ち授業に臨むこと。

社会性を発揮して乗り切ろうとしている学生に出会いますが、上記4以降のことが出来ていない例がほとんどなんですよね。

悲しいのが、そのような温室栽培の「自称社会人」は、社会そのものが温室だと思っているフシがあります。
私自身も振り返ると、大昔に就職する時温室感覚で社会に出て大変な目にあいました。

ただ、私が救われたのは曲がりなりにも「学生」として学校を卒業したことなのだろうと思っています。
だから、社会というものはどういうものかわかっていないということを認識していました。
故に壁にぶち当たりながらでもなんとかなったのだと思います。

タイトルが「就職」に逃げるな となっています。機が熟したから「就職」というのが本来の姿。件の学生は「就職」という楽園に「大学」という地獄から逃げ出すという感覚なのだと思います。
そういう方は就職後、そこを地獄に感じることでしょう。
おかれた状況の中で自分が何をすべきなのか?わかってないわけですから

学生さんは「大学生活」という楽園で自分を熟して、「就職」に突き進んでください。
[PR]
by medbb | 2012-02-28 12:40 | 文章
後悔のススメ
以下の文章は本学のWeekly 就活(2月1日発行)に掲載予定だったものです
依頼時点で、編集者より他の教職員から随時原稿を頂くことを考えており、原稿の順番が遅れることもありうるとの連絡を受けておりました。

おそらく次週以降に発行されるかなと思いますが、実際どうなるか分かりません。

もしかすると発行元の本学のキャリアサポートが2月1日より新体制になったので、この記事はお蔵入りになったかもしれません。
(以上追記2月2日)

2月15日に発行されたものに掲載されていました。ただし当ブログのURLなどはカットされていました。紙面の都合でしょうか?
こちらも、その部分消しておきます
(以上追記2月16日)
-----

 ある学生に四字熟語を創作してくれと、不意にお願いしました。​わずか数分で5作品。これ、面接で聞かれることあるようです。みなさん​作れますか?

 その創作四字熟語ですがほかの学生に聞かすと、なにかおかしいと怪訝​な顔。4文字なのだが熟語っぽくない。そのまんまじゃないかと。​たとえば「○肉○食」を「焼肉定食」などと間違えたりし​ますが、焼肉定食なる言葉が深い意味を持っているように思​えない。故に熟語ではないだろうと。これが弱肉強食であればそれ​なりに深い意味を説明できますよね(→これ読んでるあなた)

 熟=十分に実った状態。四字熟語というのはそれぞれの文字が一​体となって実り初めて熟語となるんだよなと。くだんの学生の作品​はとりあえず2文字の単語を二つ組み合わせただけの語。一体感あふれない。とても​熟語とはいえないという結論に至りました。

 一体感とはいったいなんだろう。一体になると個々の足し算に​とどまらない可能性を秘めたものになります。その期待感を抱かせるも​のが一体感だと私は考えています。学生のみなさんはこれまでの人​生でいろいろな知識などを蓄えてきたことでしょう。でも、あなたがそれらを自分の中で消化していく努力をして一体感を出さなければ​、人としての魅力は伝わりません。人としての魅力が伝われば、相手​にはその秘めたる可能性が将来像としてまぶしく映ります。

 よく、社会人が学生の間に勉強しておけば良かったと後悔してい​る姿を見ます。私もその一人。これを在学中に後悔できればしめたものです。なぜならば、その時に何をすべきだったのか気がついたから。そして今後さまざまな機会を大事にするから。そしてその覚悟が出来れば自然と一体感を出せる人に​なれるから。「単位をとれれば授業の中身なんてどうでもいい」「​勉強するだけ損」などと思っているあなたへ。後悔することをおす​すめします。そこから始めてください。

本文は私のサイトにもアップしています。
http://www.medbb.net/
携帯電話なら
http://m.medbb.net/
からブログのページに入ってください

----------
以上の文章は本学のWeekly 就活(2月1日発行)に掲載したものです
[PR]
by medbb | 2012-02-01 08:00 | 文章